台湾人との恋愛

台湾人は何語を話す?日台カップルの言語&コミュニケーション事情

台湾人 何語

国際恋愛・結婚で不安になるのが、言葉の壁ではないでしょうか。

 

「台湾人男性に告白されたけど、言葉の壁があるから心配」

「万が一結婚することになった場合、言葉がわからないと苦労する?」

 

国際恋愛がスタートして言葉の壁に悩むカップルは、実はとても多いです。

私もその一人でした。

 

そこで今回は、日×台カップルはどうやってコミュニケーションを取っているのか、今からでも言語の習得は可能なのか、などなど。

気になる部分を書いてみようと思います。

 

台湾人の恋人が欲しいなら

  • 日本にいながら台湾人男性に出会いたい
  • 交際に発展する出会いを求めている
  • 手っ取り早く台湾人の恋人が欲しい

それなら、台湾版がある恋活・婚活アプリ【Pairs】がオススメです。

ちょっと覗いてみる【Pairs】(R18)

 

台湾人は何語を話すのか

日×台カップルの言語事情について書く前に、まずは台湾では何語が話されているのかについて触れたいと思います。

 

台湾だから、台湾語でしょ?

よくこのように言われるのですが、台湾の公用語は「台湾語」ではなく「中国語」です。

 

しかしながら、台湾語も話すので、台湾人は普段の会話では中国語と台湾語を器用にミックスさせながら話しています。

以下、詳しくみていきましょう。

 

公用語:中国語

公用語は中国語です。

 

ただし、中国で話されている中国語(普通話)とは、下記のような違いがあります。

違い

  • 字:台湾は繁体字(中国は簡体字)
  • 発音:そり舌音が曖昧
  • 単語:いくつかの単語は、呼び名が異なる
  • 文法:台湾特有の表現を使う(台湾語の影響)

 

違いはありますが、中国訛りの中国語を話したとしても理解してもらえます。

(嫌がられますが・・・)

 

中国語を勉強する場合は、まずは普通話の基礎文法を学んだ後に、台湾の中国語(台湾華語・台湾国語)の特徴を学ぶのが効率の良い学習方法だと思います。

 

ローカル語:台湾語

公用語は中国語ですが、台湾では年配の方を中心に「台湾語」も日常的に話されています。

 

また、台湾語は中国語とは全く異なる言語であり中国語よりも発音が複雑になるため、習得はかなり難しいです。

 

義父母は台湾語と中国語をそれはそれは器用に織り交ぜながら話すので、台湾語の部分だけ聞き取れず中国語で言い直してもらう事がよくあります。笑

台湾語が癖になっているので、テンションが上がると台湾語になってしまうのだとか。

 

一方で、若者の中には台湾語を話せない人もいます。(聞き取れるけど話せない)

 

よって、台湾で生活する場合は、台湾語が話せなくても困る事はありません。

 

日台カップルの共通言語のパターン

それでは、ここからは日台カップルの言語事情についてです。

日台カップルは、主にこの3パターンでコミュニケーションをとっています。

 

パターン①:台湾人が日本語を話せる

台湾人のパートナーが日本語を話せるパターンです。

この事実を知ったとき、心の底から羨ましいと思いました。笑

 

台湾には日系企業が多くあり、そこで働いている台湾人達は日本語がペラペラです。

そのため、結婚して台湾に嫁いでも、パートナーの台湾人とは日本語でコミュニケーションを取っています。

 

このケースは、中国語を話す必要性がそこまでないので、中国語を話せない日本人がけっこういます。

それでも台湾では生活できるという事ですね。

 

パターン②:日本人が中国語を話せる

日本人が中国語ペラペラなケース。

 

留学で台湾に来て、台湾人の彼氏・彼女ができたというケースがこのカップルの特徴です。

もともと中国語を勉強していたこともあり、中国語がめちゃくちゃ上手でこれまた羨ましい限り。

 

台湾でバリバリ仕事をしていたりします。

 

パターン③:英語で会話

日本・台湾以外の国で知り合った場合は、共通言語は英語となります。

ワーホリ先のオーストラリアや、語学留学先のフィリピンで出会ったというカップルに多いですね。

 

また、最初は英語で話していたけど、結婚を機に中国語を勉強し始めて、徐々に中国語にシフトしていくケースも。

 

私はまさにこのパターンです。

以前は英語で会話をしていましたが、義家族が英語を話せないため、現在は中国語で会話をしています。

 

中国語は今から勉強しても上手になる?

心配なのが、中国語を今から勉強し始めて、上手になるのかという事ではないでしょうか。

 

結論から言うと、本人の努力次第ではありますが、上手になります。

 

中国語は取得の難しい言語だと言われているので、私も最初はとても不安でした。

しかし、実際に学習してみて感じたのが、日本人にとってはそこまで難しくない言語だということです。

 

日本人に馴染みのある「漢字」である

なぜかというと、漢字だからです。

台湾は繁体字のため(難しい漢字)、日本人からすると馴染みのある言葉です。

仮に正しく発音できなくても書けるので、コミュニケーションを取ることができます。

 

漢字から意味をイメージできる

また、漢字から意味をイメージすることが可能。

これは日本人の強みです。

母国語がローマ字の外国人と比べると、学習する上では断然有利になります。

 

発音さえ乗り切ればその後の上達は早い

私も台湾に嫁いできてから中国語の勉強を始めましたが、2年ほどで日常会話は普通に話せるようになりました。

最初の発音さえ乗り切れば、すぐに中級レベルくらいには上達が可能な言語だと思います。

 

ですので、言葉の壁が不安だと悩んでいるのであれば、そんなに心配しなくても大丈夫です。

言葉は、自分の努力次第でなんとかなるものです。

 

言葉の壁のせいでその恋を諦めるのは勿体無い

時に、相手に上手く伝えられずに、もどかしく感じることがあるのも事実。

でも、焦らないことです。

 

私の場合は、言葉の壁がある分、伝わるようにストレートにものを言うようになりましたし、相手も気持ちを素直にぶつけてくれます。

 

そのおかげで、「相手が何を考えているのかわからない」という心配は減りました。

英語にしろ中国語にしろ、伝えたいから余計に勉強を頑張れるというのもあります。

 

もう少しだけ頑張ってみる

もし、言葉の壁があるから付き合うか迷っている・・・というのであれば、少し勿体無いなと個人的には思います。

だって、せっかく好きになれたのに。

 

言葉の壁だけを理由に気持ちを諦めるのは、早すぎませんか。

もう一歩踏み込んで頑張ってみると、新たな発見があったりするものですよ。

 

台湾は日本人にとっては生活のしやすい国

台湾には、たくさんの日本人が住んでいます。

そのため、百貨店や大きな病院などには日本語を話せるスタッフがいるので、生活するのに困る事はほとんどありません。

 

また、親日家が多く、困っていると日本語で声をかけて助けてくれることも多いです。

私も、こちらに来たばかりの頃は道によく迷っていたのですが、必ず親切な台湾人の方が助けてくれました。

 

困っても、なんとかなってしまうのが台湾です。

他の国と比べると、だいぶ住みやすい国だと感じています。

 

まとめ

言葉の壁はあるけれど、なんとかなるのが台湾生活だと思います。

 

台北だと、片言でも日本語を話せる台湾人がたくさんいます。

それに、みんな優しいので、片言の中国語でも真剣に聞いてくれるのもありがたいことです。

 

言葉は何歳からでも勉強できますし、現に私が中国語を勉強し始めたのは、30歳を過ぎてからです。

 

言葉は乗り越えられる壁です。

ただ、少し時間がかかるだけ。

 

辛く感じる時もあると思いますが、必ず乗り越えられると自分を信じてくださいね。

 

台湾人男性はマザコンなのかについて考えてみた

台湾人男性と出会いたい!付き合いたいならこの方法

 

 

台湾人の恋人が欲しい

台湾人と付き合いたい
あなたへ



台湾人男性・女性と付き合いたいなら、ただ出会うだけでは意味がありません。
知り合えて、尚且つ交際に発展する可能性の高い方法を実践することが重要です。


詳しくはコチラ

-台湾人との恋愛

© 2021 台湾人との恋愛マニュアル